TCO Certifiedは、IT機器を対象とした世界有数の持続可能性を評価する認証制度です

TCO Certifiedは、25年以上にわたり世界中の購入者や調達担当者からIT機器の持続可能性に資する先進的な認証制度として高く評価されてきました。私たちの包括的な基準は、IT機器の「生産」から「廃棄」にわたるライフサイクル全体を通して、IT機器が有する社会的および環境的価値を高めるように設定されています。

TCO Certifiedは、ISO14024「環境ラベル及び環境宣言−タイプI環境ラベリング−原則及び手順」の要件を満たしており、世界エコラベリング・ネットワーク(GEN)のメンバーです。すべての検査・検証業務は、国際規格ISO17025の認定を受けた第三者機関によって行われます。

オフィスやデータセンターでのIT機器を対象とした持続可能性を評価する認証制度

TCO Certifiedは、世界中の様々な機関から信頼されている環境ラベルです。ディスプレイ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォン、デスクトップPC、オールインワンPC、プロジェクター、ヘッドセット、ネットワーク機器、データストレージ、サーバの11つの製品カテゴリを対象としています。

製品のライフサイクルを考慮した基準と基準適合に係る信頼性の確保

製品のライフサイクル全体をカバーする包括的な社会的および環境的基準を設定しています。製品が基準に適合しているかどうかは、認証時の審査だけではなく、認証後においても適切な適合確認を行っています。

-TCO Certifiedの現在の重点分野

TCO Certified、第8世代基準

TCO Certifiedの第8世代基準は、耐久性の高い製品を市場に供給することで循環型社会の実現に貢献すること目指し、修理可能性やアップグレード可能性、リサイクル可能性を重視しています。リスクの高い工場でのモニタリング強化や、より効率的な手法による是正措置計画のフォローアップなどのより厳しい基準を設定することで、責任あるサプライチェーンの構築に向けて大きな一歩を踏み出しました。TCO Certifiedの第8世代基準を通じて、あなたの団体や機関が国連の持続可能な開発目標(SDGs)に貢献することができます。

循環型アプローチ

従来の「資源の投入~生産~廃棄(take、 make、 dispose)」という経済モデルは、限りある天然資源を過剰に消費してしまうだけでなく、膨大な量の電子廃棄物を生みだしてしまいます。

責任あるサプライチェーン

原材料の採取から最終組立までのサプライチェーンにおける労働時間、健康と安全、強制労働といった問題は、IT業界が抱える長年の課題の一つです。